【APEX:PS4版】マウサーになった感想&コンバーターのキー配置設定

スポンサーリンク
【APEX:PS4版】マウサーになった感想&コンバーターのキー配置設定 ゲーム

皆さん、APEXライフ楽しんでますか?

前回、ご紹介した「PS4版のAPEXでマウスが使えるようになるコンバータ」の記事が大反響!

APEXのPS4版でマウスを使う方法!おすすめコンバーターはコレ!
PS4版のAPEXではマウスとキーボードの使用は禁止されていま…そんなの関係ねぇ!FPSはゲーミングマウスだろ!コンバーターを使ってマウサーになってエイムアシスト最高!コントローラーパッドのクソエイム卒業!ボイチャを使う方法も発見したよ!

多くの方が、当ブログ経由でおすすめした「Delta essentials 製」のコンバーターを購入してくれました!マウサー、増殖中です!

そこで今回は、ご紹介した「Delta essentials 製」のコンバーターのキー配置設定の方法ついて詳しく説明したいと思います。

コンバーターのキー配置を設定する

APEXは普通のFPSと違って、立ち回り、つまりキャラコン(キャラクター・コントロール)が重要になってくるゲーム。

コンバーターのデフォルトのキー配置は、一般的なFPSの設定になっているため、APEXだと操作しにくい場合も。

そこで、ぜひともやっておきたいことが、自分好みにキーボードのボタンを割り当てられるキー配置設定です。

「Delta essentials 製」のコンバーターのキー配置は、専用のキーマッピング・ソフトで設定可能。キーマッピング・ソフトは下記リンクの「KeyMap Program.zip」からダウンロードできます。

コンバーターのキー配置設定

ダウンロード先:
http://www.leunaproduct.com/download

どうやら、こちらのキーマッピング・ソフトはWindows専用っぽいです。MacのWineを使ってダウンロードしてみたのですが、ちょっと不具合が出てダメでした。

なので、サブ機のWindowsで試すことに。

信ぴょう性に欠けるサイトのソフトウェア、ウィルスに感染しないかヒヤヒヤしながらダウンロード…とりあえず大丈夫でした。

キーマッピング・ソフトを開くとコントローラーの図が表示されました。

コンバーターのキー配置設定

なるほど、これを見ながらキー配置を設定していくのか。

キー配置設定の手順はこう。

  1. コンバーターをUSB接続
  2. キーマッピング・ソフト起動
  3. キー配置設定
  4. 保存
  5. コンバーター抜き取り
  6. キーマッピング・ソフト終了

コンバーターをUSB接続して、ソフト起動したところから解説。

左の「Keymapping」はPS4を選択。タブは「Default」以外にも追加できます。新規で追加しましょう。

というのも、「Default」タブはキー配置を設定して、保存、ソフト終了をすると、初期状態に戻されます

ですが、新しく作ったタブはソフトを終了しても設定は記録されたまま。キー配置設定をするなら新規タブで行いましょう。

キー配置設定は簡単。それぞれのボタンをクリックして、キーボードのキーを押せば設定できます。

「Delete」は全削除、「Reset」はデフォルトに戻って、「Apply」が保存です。なので、キー配置が完了したら「Apply」をクリック。

すると「Successful key update(キー更新に成功)」と表示されます。

コンバーターのキー配置設定

MacのWineだとこれが「error」になってしまいました。

「OK」をクリックして、コンバーターをUSBから抜き取ればキー配置設定は完了。

何度か試してみて、少しずつ好みのキー配置にしていくと良いでしょう。

マウスのホイールクリックとDPIを設定する

ついでに、コンバーターと一緒に購入したLogicool(ロジクール)のゲーミングマウスの設定を行いました。

といっても、前回記事でご紹介した通り、コンバーターを挟むとゲーミングマウスの各ボタンをキーに設定することは出来ません

なので、やることは「マウスのボタンをホイールクリックに変更」と「DPI設定」の2つです。

Logicool(ロジクール)のゲーミングマウスの設定も、専用のソフトを使用します。ソフトを下記からダウンロードしました。

ゲーミングマウスの設定

マウスのボタンをホイールクリックに変更

まずは、マウスのボタンをホイールクリックに変更します

先ほどのコンバーターのキー配置設定で、唯一、ホイールクリックはキー配置として設定可能でした。なので、ホイールクリックをマウスのボタンクリックに割り当てます。

これで、マウスの方で「エイム(左クリック)」「射撃(右クリック)」の他に、あと1つ、ボタンを押すことでアクションが設定可能に。

自分は頻繁に使う「□(アクション/拾う/リロード)」をマウスボタンに割り当てました。

DPI設定(感度)

次はDPI設定。DPIとは、分かりやすく説明するとマウスの感度です。

Logicool(ロジクール)のマウスは、DPIをボタンで切り替えられるようになっています。

つまり、シーンによってエイム感度をマウスのボタンで切り替えられると言うこと。

ただ、APEXはゲーム側でも腰撃ち(視点)、1倍、2倍、3倍…とスコープごとに感度が細かく設定できます。

なので、正直どっちでも良い。

ですが「視点移動と腰撃ちで感度を変えたい」「スナイプは索敵は感度高め、狙いは感度低め」という玄人にとっては良いのかもしれませんね。

一応、デフォルト値を決めて、ボタンで感度アップ、別のボタンでデフォルト値にリセットするように設定しました。

ゲーミングマウスのボタンとDPIの設定

APEXのPS4版をマウスでプレイしてみた感想

最後に、APEXのPS4版をマウスでプレイしてみた感想マウサーになってみた感想を簡単にまとめます。

結論から言うと、期待していたほどじゃなかった。

一番は、デスボックスのアイテム漁りが超絶不便ということ。

APEXマウサーの感想:デスボックス漁りが難しい

PS4版は、右スティックでアイテムをスクロールしてデスボックスのアイテムを漁りますが、PS4版マウサーだと右スティックはマウスの移動。

つまり、アイテムスクロールはマウスを上下に動かさないといけない。しかも、マウスがちょっとでも動くとポインターがズレる。これが超ストレス

PC版なら、デスボックス画面でマウスホイール使えるんだろけど、PS4版コンバーターだとそれがない。

アイテム漁りに時間が掛かるし、味方に横取りされるし、遅いから置いてかれるし…。APEXでは、この仕様がかなり致命的。

あとは、ゲームを始めるためのセッティングが面倒ですね。机も必要になるから、なんとなく本腰入れてゲームをやる感じになる。

APEXマウサーの感想:セッティングが面倒

「エイムは良くなったのか?」と聞かれれば、エイムは良くなった気がする

だけど、キルレーはあまり変わらない。

しつこいようですが、APEXは立ち回りゲーム。キャラコンが重要。エイムだけ良くなったところで、打ち合いに勝てるワケじゃないですね。はい、調子乗りました。

PS4版APEXをマウスでやってみた感想をまとめると…

  • エイムはマウスの方が断然やりやすい
  • デスボックスのアイテム漁りは難しい
  • ゲームのセッティングが面倒

立ち回り(キャラコン)に関しては、パッドの方がやりやすい気がします。慣れでしょうかね?

ただ、アイテム漁りだけが、どうしても不便。これがどうにかできれば、マウサーでも楽しくプレイできると思います。

以上、PS4版APEXをマウスでプレイしてみた感想でした。その他、聞きたいことがあればコメントで質問して下さい( ゚д゚)

コメント

タイトルとURLをコピーしました