SEO内部対策におけるサイトマップページの重要性とフッターリンクの危険性

SEO内部対策におけるサイトマップページの重要性とフッターリンクの危険性 Web関連

ここでのサイトマップページとは、クローラー向けのXMLのサイトマップではなく、ページとしてユーザー向けにのサイトマップです。

サイトマップは各ページのPageRank(ページランク)をサイト全体に配分する役割がある。そして、PageRankの配分はSEO内部対策にとってとても有効なんです。

なので、コンテンツが少なくてもサイトマップページは作った方がいい。

カテゴリ階層を意識して作る

ただ単にリンクを並べるのではなく、カテゴリー別や階層別などで意味のあるリスト組みにする事がポイント。

ちなみにこうしたリンクが多いページはスパムとみられる事があるので、心配な人はmeta robots でnoindexにした方がいい。

フッターリンクをサイトマップ代わりにするのはNG?

小規模サイトでフッターリンクをサイトマップ代わりにしているしている場合があるけど、あれはあまりよろしくないらしい。

1ページ内における最適なリンク数というものがあるらしく、フッターリンクはそれを超過させてしまう事もある。

最適なリンク数を超過した場合、そのページの評価は下がるのかもしれない。つまりPageRankの低いサイトとなる。

最適なリンク数は明確ではないが、そのページのコンテンツ量によって変わるものだと思われる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Web関連
こんな記事も読まれています
10-PLATE

コメント