自動車保険はネットで安くなる!? 通販型自動車保険に変えるだけで年間20,000円も違う!! 今すぐ5分でサクッと無料で見積もってみる

サイトが急に500エラー。問合せる前に確認すべき原因と対策をまとめる。

    

タグ: 

サイトが急に500エラー。問合せる前に確認すべき原因と対策をまとめる。

昨日から、当ブログをはじめ、他のWordPressを使ったサイトが500エラー(500 Internal Server Error)で表示が不安定な状態が続いていました。さらには、CGIを使ったお問い合わせフォームも同じく500エラーで全く機能しない状態。どうやらPHPやparlなどのサーバー側のプログラム全般が完全にダメな模様。

アクセス頂いた方にはご迷惑をおかけしました。申し訳ございませんでした。

WordPressのconfig.phpを書き換えてデバッグモードを試したりと、昨日今日で自分なりにいろいろ原因を探っていましたが、結局どうにもならずレンタルサーバーのサポートに問い合わせをした結果、下記のような返答。

当サービスではPHPやCGIプログラムの実行、FTP接続、IMAP接続など全ての動作における合計に「同時稼動数」の上限を設けております。

「同時稼動数」が上限に達しますとPHPやCGIの実行で500エラーや503エラーが発生したり、IMAP接続に失敗するという状況が発生します。

また、500エラーが今後も頻発するという場合はご利用のプログラムの負荷軽減対策を行っていただく、メールをIMAP方式で利用されている場合はメールソフト側の同時接続数や接続頻度の設定を落としていただくなどご自身にて対応をご検討いただく必要がございます。

つまり、同時に複数のプログラムでアクセスしたから、サーバー側が危険と判断して停止させたとの事。

心当たりといえば、最近ペラサイト用にメールアカウントを大量に作って、それをThunderbirdに登録した事。しかもIMAP方式でした。接続方法を変更したところ安定。

サイトが急に500エラー。問合せる前に確認すべき原因と対策をまとめる。

そんなの聞いてないし、知らないですよ。超焦った~頭真っ白になった~。Yahoo砲かGunosy砲が来て、サーバーがパンクしたのかとちょっと浮かれたりもしたし。現実はそんなに甘くないですよね。

でも、おかげでまたひとつ勉強になりました。500エラー503エラーサーバーの内部エラーなのですが、今回のように自分の設定が原因ってこともあるんですね。これからは気を付けます。

皆さんは大丈夫ですか?この機会に、メールソフトの設定を見直しておく事をおすすめします。

この記事にいいね!

こんな記事も読まれています

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
gotop