「ブログの炎上=銭」は一発屋芸人なので来年あたりには消えている説

「ブログの炎上=銭」は一発屋芸人なので来年あたりには消えている説 Web関連

炎上ブログ商法とは、他人のブログを批判する内容や、非社会的な内容などを記事にして閲覧したユーザーの反感心を煽る。そして、そのユーザーがSNSや自身のブログで拡散して、元のブログのアクセス・PVが爆発的に増えるという仕組み。

日本人が好きなネット上での言い争いをうまく利用した商法。そして、爆発的に増えたアクセス・PVによりGoogleアドセンスの収益はなかなかの金額になる。

炎上ブログは一発屋芸人

この炎上が続けば願ったり叶ったりなのだが、あいにく炎上したページのリピートは全く期待出来ない。いわゆる「一発屋芸人」状態になる。

ページのリピーターを獲得するには、上質なコンテンツやしっかりと考えられたSEO内部対策を施して、「またこのページを見たい」と思われる事や、「ググれば検索上位に表示される」事が大切。

しかし、炎上ブログはそれが全くされていない。このブログが生み出すものは「一方的な感情の押し付け」しかない。

ブログを炎上させるには

散々「炎上ブログ」を批判したが、当ブログもアクセス・PVが伸びずにかなり悩まされているので、炎上に多少の憧れはあるのは事実。

アクセス・PVが上がればアドセンスの収益も上がる(今のところアドセンスは利用していませんが)。そもそも、アフィリエイトやアドセンスバナーを貼っているブロガーなら必ずそう思っているはず。結局はお金なのです。

しかし、内容が薄い記事でも炎上し、Gunosy砲をくらったりするのは、異常なファンと異常なアンチがいるからと考えた方がいい。

そのファンとアンチによるSNSや自身のブログによる拡散で炎上していると。

はてなブログは燃えやすい

お気づきになった方もいると思いますが、炎上する多くは「はてなブログ」のブロガーです。そうです。炎上する人もそれを取り巻く人も「はてなブログ」内でのことなのです。

つまり、炎上させたかったら「はてなブログ」をはじめることが近道です。そこには血(批判コメに対する反応)に飢えた異常なアンチが大量に存在しています。

そして、炎上に耐える強固なレンタルサーバーを借りるには莫大な費用がかかります。ロリポップやミニバードなど、せいぜい燃えても焚き火程度の平和なレンタルサーバーで炎上すると、最悪サーバー会社から追放されかねます。

しかし、「はてなブログ」なら、無料で強固なサーバーを使って簡単にブログをスタートすることが出来ます。

ブログ共々炎上してみたい方は、「はてなブログ」で試してみるといいでしょう。

しかしながら炎上に憧れるなかれ

炎上ブログ商法を知り、一時の大量アクセスに味をしめ、良質なコンテンツの制作をしなくなったら終わりだと思う。ましてや、老後はブログの収益で暮らしたいと考えている私のような人ならなおさらだ。

見てくれるユーザーにとって少しでも有意義な情報を提供し続けることこそ、安定した収益を生むブログに育っていく。そう信じて今日もブログを更新するのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Web関連
こんな記事も読まれています
10-PLATE

コメント