最安値で格安SIMの音声対応SIMを使いたい男が選んだ結論は…

最安値でMVNOの音声対応SIMを使いたい男が選んだ結論は… トレンド

格安SIMに乗り換える際、今使っている携帯番号もそのまま使いたいって人も多いかと思います。長年使ってきた番号だし、今更変えるといろいろ面倒ですよね。通話専用に今のキャリアのガラケーを使うって方法もありますが、2台持ちはやっぱり不便。

そんな時の選択肢として、音声対応SIMがあります。音声対応SIMなら、格安SIMで使うスマホで今使っている携帯番号をそのまま使えますよ。

格安SIMならOCNモバイルONEがおすすめ

音声対応SIMが契約できる格安SIMは複数あって、月額料金もデータ通信容量も様々。以前公開した格安SIM比較表では、「楽天モバイル」の低速通信 / 1ヶ月プランが月額1250円で音声対応SIMの中では一番安くなっていますね。

全16社のMVNO業者を徹底比較!あなたに最適な料金プランと通信容量の格安SIMが見つかる
携帯を契約する時に、ドコモ・au・ソフトバンクといった大手3キャリアに縛られる時代はもう終わりました。これからは安くて自分に最適な料金プランを、数あるMVNOから自由に選べる時代です。ということで今回はMVNOを徹底比較したいと思います!携

ですが、楽天モバイルよりもっと安い音声対応SIMの格安SIMがあったんです。それこそ私イチオシの「OCNモバイルONE」だったんです!

OCNモバイルONEの音声対応SIMを月額1400円にする方法

OCN光モバイル割で毎月200円割引になるんです!

音声対応SIMの中でOCNモバイルONEが一番安くなる理由に、OCN光モバイル割という特別な割引サービスがあります。

OCN光モバイル割とは、自宅インターネット回線のプロバイダをOCNにしている人なら、OCNモバイルONEの月額料金から毎月200円が割引になるという、とってもお得なサービスなんです。

OCNモバイルONEの音声対応SIMの中で一番安い「70MB / 1日」プランなら、月額料金1600円から200円引きで月額1400円です!DMM mobileの音声対応SIMの中で一番安い「1GB / 1ヶ月」プランの月額料金1460円より60円安くなります!

しかもお得なのは料金面だけではありません。

データ通信料ですが、DMM mobileだと1ヶ月で1GB。30日で割ると1日あたり約33MBです。OCNモバイルONEは1日70MBなので、半分以上違うんです!

つまり、料金もデータ通信容量もOCNモバイルONEの方が断然お得だということに気が付きました。

DMM mobileOCNモバイルONE
月額料金1460円1400円(1600円 – 200円)
データ通信容量1GB / 1ヶ月(約33MB / 1日)70MB / 1日

ただし、自宅インターネット回線でOCNプロバイダを利用している方限定です。正確には「OCN 光 with フレッツ」を契約している方です。ADSLじゃダメっぽいですよ!光の方です!

OCN光モバイル割の申し込み方法

OCN光モバイル割に申し込むには「OCN 光 with フレッツ」と「OCNモバイルONE」の2つのお客様番号が必要です。

つまり、申し込み自体は携帯電話をOCNモバイルONEの完全移行した後になります。ちなみに200円割引は申し込み月の翌月からの適応になります。

  1. 自宅のプロバイダを確認する
  2. OCNモバイルONE」に乗り換える
  3. 「OCN 光 with フレッツ」と「OCNモバイルONE」の2つのお客様番号を用意する
  4. OCN光モバイル割に申し込む → こちら

コメント