iPhoneの音楽を車のラジオで聴くならFMトランスミッターを使おう

スポンサーリンク
iPhoneの音楽を車のラジオで聴くならFMトランスミッターを使おう 生活

最近の車であれば、カーオーディオにAUX(外部入力)が搭載されており、ステレオプラグ(ケーブル)を繋げるだけでiPhoneの音楽を聴くことが出来ますが、少し古い車や中古車だとCDやMDでないと音楽が聴けませんよね。AUX(外部入力)搭載のカーオーディオを交換するにも結構お金がかかります。

そのため、車内で音楽を聴く為にCDやMDが手放せないドライバーの方も結構多いのではないでしょうか。

でも、今時CDやMDってどうなんでしょうか?パソコンに入っている曲をいちいちCDに焼いたり、コンポを使ってMDに音楽を入れたりするのは正直面倒。それに、車内もCDやMDだらけになって見た目的にもよろしくありませんよね。

ラジオの空き周波数を利用したFMトランスミッター

中古車など、カーオーディオにAUX(外部入力)がない場合でも、車内でiPhoneの音楽を聴くことが出来るようにしてくれるのがFMトランスミッターです。

FMトランスミッターとは、ラジオの空き周波数を利用して音楽を電波として送信することが出来る製品です。

分りやすく説明すると、FMトランスミッターで擬似的なラジオ局を車内に作ってしまうんです。FMトランスミッターから発せられる周波数に、車のラジオの周波数を合わせれば音楽が聞こえてきます。

iPhoneの音楽を車のラジオで聴くならFMトランスミッターを使おう

発信する電波の範囲は極めて狭いので、電波法に違反することはありません。もちろん特別な免許も不要です。

車でラジオさえ聞けることが出来れば、FMトランスミッターでiPhoneに入っている音楽を聞く事が出来ます。値段も安いのでかなりおすすめです。

シガーソケットに挿すタイプのFMトランスミッター

シガーソケットに挿すタイプのFMトランスミッターなら、iPhoneの充電も同時に出来ます。

独立タイプのFMトランスミッター

電源がiPhoneから供給される独立タイプのFMトランスミッターなら、シガーソケットに挿す必要がなくケーブル不要で車内がスッキリします。FMトランスミッターとiPhoneも好きなところに置けます。

古い車でもiPhoneの音楽が聴ける

最近の車はBluetoothでiPhoneと接続できますが、中古車のような古い車はCDやMDのみ。そんな時にFMトランスミッターがあれば、iPhoneに入っている音楽をカーラジオに無線で飛ばして聴くことができます。

もし、旅行先で借りたレンタカーが古い車だった場合でも、FMトランスミッターがあればお気に入りの音楽を聴くことができますよ。

まさに「アナログ機器とデジタル機器を繋ぐ便利アイテム」ですね。一家に一台、おすすめです。

生活
スポンサーリンク
次に読みたい記事
10-PLATE

コメント

タイトルとURLをコピーしました