介護福祉士の実技試験は実務者研修の資格で免除にできる!

介護福祉士の実技試験は実務者研修の資格で免除にできる!

介護福祉士は国家資格で、社会福祉士、精神保健福祉士と合わせて三福祉士とも呼ばれるほど、福祉業界では価値のある資格です。そのため多くの介護士は介護福祉士の取得を目指しています。

国家資格の介護福祉士を取得できれば、介護士としての給料が大幅にアップするだけでなく、現場ではサービス責任者として活躍でき、職場でも頼られる存在となります。また介護福祉士を取得することで、ケアマネジャーや施設長へのキャリアアップにも繋がります。介護士にとって介護福祉士の取得は、仕事の可能性を大きく広げる第一歩なのです。

しかし、介護福祉士の資格を取得することは、決して簡単なことではありません。

スポンサーリンク

介護福祉士になるチャンスは年に一度だけ

介護福祉士試験が行われるのは年に一度だけです。試験は筆記試験と実技試験の2つの試験が行われ、筆記試験は1月末に、実技試験3月上旬に行われます。つまり、今年の試験が不合格になった場合、次のチャンスは1年後ということになります。

仮にまず行われる筆記試験で不合格となった場合は、その後に行われる実技試験を受けることはできず本年度は不合格という扱いになります。そして来年に再度試験を受ける場合は、また筆記試験から受ける必要があります。実技試験で不合格になった場合も、来年度は筆記試験から受けなおしです。

実技試験で多くの介護士が不合格になっている

筆記試験の過去問題はインターネットの様々なサイトで無料閲覧することが可能です。試験対策用の参考書も毎年多く発売されているので、独学で勉強することも出来ます。

一方の実技試験は、対策用の参考書などはほとんどありません。過去にどういった実技試験が出題されたかは公開されますが、毎年意表をつく問題ばかりで、試験当日にならなければどういった問題が出題されるか、予想ができません。つまり、この実技試験こそが介護福祉士となる一番の難関となっているのです。

現に筆記試験の合格率は毎年高いのですが、実技試験で一気に多くの介護士が不合格となっています。

今年こそは絶対に介護福祉士に合格したい方へ

1年、また1年と挑戦しては敗れを繰り返している介護士も多いことと思います。それほど、介護福祉士になることは容易ではないということです。しかし、試験を受けるのもタダではありません。何より、早急に介護福祉士を取得して、給料をアップさせなければいけません。そこで、今年こそは絶対に合格したいという方のための、介護福祉士試験攻略方法をご紹介します。

介護福祉士の実技試験は免除する

一番の問題点は実技試験です。しかし、この難関でもある実務試験を受けずに、免除という形で介護福祉士が取得できる方法が2つあります。

介護技術講習会を受講する

まず1つは介護技術講習会を受講する方法です。介護技術講習会とは、平成17年度から導入された介護技術講習制度で、講習の修了認定者については、介護福祉士試験の実技試験の免除が受けられることとなっています。介護技術講習会を受講する費用は5万円程度で、受講時間は合計32時間ほどとなっています。

実務者研修を修了する

そしてもう1つは、新たに作られた実務者研修を修了するという方法です。実務者研修とは、平成29年に行われる第29回介護福祉士試験から、実務経験ルートの受験資格として必要なる資格です。ですが、それ以前の第28回試験までは、経過措置として実務者研修の修了者は原則実技試験が免除されるようになっています。つまり、介護技術講習会と同様にあらかじめ研修を受けることで、確実に実技試験をクリアできる手段なのです。実務者研修の費用は無資格者だと15万円前後、受講時間は450時間(6ヶ月)となっています。

介護技術講習会の実技試験免除は廃止になる

介護福祉士試験の実技試験を免除する方法は上記の2つとなっていますが、どう考えても介護技術講習会を受けた方が費用も安いし受講時間も短いのでいいですよね。しかし、介護技術講習会の受講による実技試験の免除は2015年で終了となりました。つまり2016年以降に、実技試験を免除するためには実務者研修を修了する方法しかなくなります。

実務者研修が安くなる

介護福祉士の実技試験を免除する方法は、実務者研修を受講するしかなくなると説明しましたが、15万円もの大金は払えないという方も多いかと思います。しかしご安心ください。実務者研修にも、現在保有している資格によっては受講費用の免除があります。

無資格者費用約20万円前後
時間450時間(6ヶ月)
通信添削約7~9回
スクーリング約10~14回
介護職員初任者研修費用約15万円前後
時間320時間
通信添削約5~7回
スクーリング約8~10回
ホームヘルパー1級費用約10万円前後
時間95時間
通信添削約2~1回
スクーリング約8~10回
介護職員基礎研修費用約5万円前後
時間50時間(1ヶ月)
通信添削約1回
スクーリング約2~3回

さらに、教育訓練給付金制度や自立支援教育訓練給付制度といった助成金を利用することで、もっと費用を安く抑えることも出来ます。

実務者研修を取得して実技試験を免除にする

実務者研修は学校によっては費用や取得までの期間が違うので、必ず複数の学校を比較するようにしましょう。学校の比較にはシカトルの無料資料請求がおすすめです。

シカトル実務者研修

自宅から近い学校を複数探してくれて、資料も取り寄せることが出来ます。学校はインターネットでも調べられますが、検索に表示されない学校の方が、実は安かったという場合もありますので、損しない為にも資料請求を利用しましょう。

筆記試験対策なら講座もおすすめ

時間やお金がないから、実技試験を免除せずに試験に挑むという方には、筆記試験と実技試験の両方の試験対策が受けられる介護福祉士試験対策講座もおすすめです。

シカトル介護福祉士

費用は3万円~と、実務者研修を受講するよりもかなり安く抑えらるの上、受講期間も1ヶ前からの「直前集中型」、3ヶ月前からの「標準学習型」、6ヶ月前からの「長期学習型」といった、自分に合った受講コースから選ぶこともできます。

また、介護技術講習会や実務者研修を修了して実技試験は免除するといった方向けの、筆記試験対策講座だけを受けられる筆記試験対策コースもあります。 今年こそ必ず介護福祉士の合格するため、こうした介護福祉士講座を活用することも重要ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました