自動車保険はネットで安くなる!? 通販型自動車保険に変えるだけで年間20,000円も違う!! 今すぐ5分でサクッと無料で見積もってみる

WordPress(ワードプレス)が爆発的便利になるおすすめプラグイン

    

タグ: 

WordPress(ワードプレス)が爆発的便利になるおすすめプラグイン

WordPress(ワードプレス)でサイト・ブログを開発・運営する際におすすめなプラグンをご紹介します。日々の運用・更新が楽になったり、便利な機能の実装が容易できたりとどれも素晴らしいプラグインです。

Contact Form 7

WordPress(ワードプレス)でお問い合わせのようなコンタクトフォームを設置するならこのプラグイン一択です。わかりやすいUIで簡単にフォームが実装出来ます。classも割り当てられますのでCSSでの装飾も可能。さらに送信者への自動返信メールの設定も出来るので、本格的なコーポレートサイトなどの要求も十分満たすでしょう。

Really Simple CAPTCHA

Contact Form 7の拡張プラグインで、送信前に画像認証の項目を設定できるようにします。WordPress(ワードプレス)のコンタクトフォームにはスクリプトを使ったスパムメールがよく送られて、数万アクセス規模のサイトになるとそれは結構な頻度になります。スパムメールを正規のお問い合わせメールをチェックするのは意外と手間ですので、根本的に防止するにはとても有効な拡張プラグインです。もちろん認証用の画像はランダムで切り替わります。

Crayon Syntax Highlighter

WEBクリエイターやプログラマーの方ならブログにソースコードを掲載しますよね。このプラグインは記事にソースコードを挿入する時に便利なプラグインです。<pre>の記述を一括で行ってくれ「&lt;」と「&gt;」を「<pre>&lt;</pre>」と「<pre>&gt;</pre>」に自動変換もしてくれます。またオプションの設定もできて同業のWEBクリエイターやプログラマー思いの記事に仕上げてくれます。

Custom Field Template

WordPress(ワードプレス)のカスタムフィールドをさらにカスタムするプラグインです。ECサイトチックな事をしたい時や、アフィリエイトなどで商品情報を入力する時にとても便利なプラグインです。
参考:http://hinagata.biz/plugin/custom-field-template/

ShowID for Post/Page/Category/Tag/Comment

固定ページや投稿記事の一覧にそれぞれのIDを表示させるプラグインです。リンクにオンマウスすればウィンドウの左下にドメインパスが表示されてそこでIDを確認することが出来るのですが、このプラグインを入れてすぐにIDが確認出来る方がスマートですよね。

Breadcrumb NavXT

その名の通りパンくず(ページナビ)を生成してくれるプラグインです。指定のコードを固定ページ、投稿記事の任意の場所に設置すればTOPページからの現ページのパンくず(ページナビ)を表示してくれます。パンくず(ページナビ)はSEO対策にも非常に効果的なのでこのプラグインで設置することをおすすめします。

AddQuicktag

投稿記事でよく使用するタグなどをあらかじめ登録しておいて、エディタ上部のボタンからワンクリックで呼び出すことが出来る超便利なプラグイン。WordPress(ワードプレス)のバージョンが3.8になってからテキストでの編集でしか使えなくなりましたがかなりおすすめです。太字や赤文字などを<span>で登録することが可能なのはもちろん、アドセンスやアフィリエイトのコードも登録が可能です。更新効率が各段にアップするおすすめのプラグインです。

Category Order

投稿のカテゴリーを並び替えすることが出来るプラグインです。カテゴリーの並び替えにそこまで魅力を感じていない方も多いかと思いますが、このプラグインが本領を発揮する場面が「PS Auto Sitemap」プラグインです。「PS Auto Sitemap」プラグインは自動でサイトマップを生成してくれるとても便利なプラグンですが、項目の並び順はカテゴリーの並び順に依存します。そこでアクセスの高いカテゴリーは上に上げたりと調整する時にこのプラグインが活躍します。

※追記:2014.01.10
全くの同名のプラグインがあります。
こちらの記事ではWessley RocheさんのCategory Orderについてになります。

Exec-PHP

固定ページや投稿記事の中にPHPを記述すると、バックボーンのPHPと競合し高確率でWordPress(ワードプレス)本体がエラーになります。でもテーマを編集する時同様にPHPの記述が必要なときにこのプラグインをインストールします。個人のブログ程度なら必要ありませんが企業のWEBサイト開発だとこのプラグインは必須ですね。開発者の希望を叶えてくれる素晴らしいプラグインです。

Limit Login Attempts

WordPress(ワードプレス)の管理画面にログインする際に機能するプラグインです。ログイン失敗が許される回数、設定回数以上失敗したらロックする時間、ロックが解除される時間なども設定できます。アクセスが数十万単位になるとハッキングしようとする輩が現れる恐れがあります。管理画面のログインページまでは簡単にたどり着けるのがWordPress(ワードプレス)の弱点です。サイト規模によらず絶対にハッキングされない為にもこのプラグンは非常におすすめです。くれぐれも自分が弾かれないようにしましょう。
参考:http://fukuyama.co/limit-login-attempts-ja

この記事にいいね!

こんな記事も読まれています

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
gotop