自動車保険はネットで安くなる!? 通販型自動車保険に変えるだけで年間20,000円も違う!! 今すぐ5分でサクッと無料で見積もってみる

ソフトバンクiPhone4sの俺が0円で5sに機種変更をしようとした時に気付いた事メモ

    

タグ: 

ソフトバンクiPhone4sの俺が機種変更をしようとした時に気付いた事メモ

世の中がiPhone6&iPhone6 Plusに湧いてようやく落ち着いた頃、私は実質0円で機種変更できるiPhone5s(16GB スペースグレイ)を求めて多くのソフトバンクショップを駆け回っていました。

【ソフトバンクiPhone機種代金】
http://www.softbank.jp/mobile/price_plan/iphone/device/

結局、どのソフトバンクショップもお目当てのiPhone5s(16GB スペースグレイ)の在庫は無く、完全なiPhone6&iPhone6 Plusを購入させるためのエサ状態で終了。

iPhone4sから機種変更すると自動的に契約プランが変わる

現在の私のiPhone4s契約内容はこちら。

基本使用料(ホワイトプラン) 934円
パケットし放題フラット 4,200円
通話料(固定電話とか) 約400円
S!ベーシックパック(i) 300円
その他
(ユニバーサルなんちゃら、消費税)
約450円
合計 約6300円

しかし、上記の「ホワイトプラン」は2014年11月30日(日)を持って事実上の終了が決定。その代わりに「通話し放題プラン」というプランを契約しなければ、iPhoneを使用できなくなった。

そして、多くのソフトバンクショップを駆け回って知った事実がある。今回のiPhone6ブーム中に5c以上へ機種変更する場合は、強制的に通話し放題プランを盛り込んだ契約プランに変更される仕組みだ。全面的に「ホワイトプラン」を無くす動き。事実上の「値上げ」です。

さらに、データ送信容量という3G回線ユーザーの自分には縁がなかった項目も増えた。簡単に言い換えれば通信速度制限を金で買うということ。小容量の2GB~大容量の30GBまで選べるが、「オススメ」と公式でうたっている5GBが一般的なのだろう。ちなみに制限を超えた場合、回線速度を遅くするか自動課金するかを選べるらしい。

その結果、ソフトバンクの新規&機種変更でiPhoneを使用する場合は、一般的に下記のプランになる。

通話し放題プラン(基本料金) 2,700円
データ定額パック・標準(5GB) 5,000円
S!ベーシックパック 300円
その他
(ユニバーサルなんちゃら、消費税)
約600円
合計 約8600円

上記の金額からいろいろな割引を適用させて、何とか金額を6000円代に抑える事になる。

なお、2014年11月30日(日)までならiPhone6&iPhone6 Plusでもホワイトプランを盛り込んだ契約プランにすることが可能。ただ、絶対的にショップ店員は、通話し放題プラン + データ定額パックの「スマ放題」プランにもっていこうとするだろう。

ソフトバンク以外への通話をたくさんする人は通話料無料の「スマ放題」プラン、それ以外は最低料金に抑えられるホワイトプランが堅実。

公式HPの料金シミュレーションに騙されるな

ソフトバンクモバイルのiPhone料金シミュレーターは、希望の機種への乗り換えをした場合の料金を自動計算してくれる、一見便利な機能。各種割引も適用されている。

【iPhoneの機種変更の料金シミュレーター】
http://www.softbank.jp/mobile/iphone/price_plan/

しかし、ここで注意しておきたいポイントがいくつかある。

スマホBB割

「スマホBB割ってなんだ?」と思う方が多いでしょうが、簡単に言えば家のネットをALSD(速度50M)の時代遅れの回線にしたら割り引きますよという割引。フレッツ光(100M)が一般化しているご時世に、携帯料金の割引とうたって化石を売りつける商法です。しかも割引は2年間なので、3年目以降は「なんでこんな遅いADSLなんか契約したんだろう…」という失望感が必ずきます。間違っても契約しないように。

タダで機種変更キャンペーン

「タダで機種変更キャンペーン」とは、iPhone6&iPhone6 Plusへ機種変更する場合、今使用中のiPhoneを下取りするから、その分割り引きますよという割引。最大で32400円割引というのだから結構でかい。私のiPhone4sであれば、月々-1,350円の割引が2年間(24ヶ月)適応される事になる。つまり3年目以降は割引がないので、私のような2年以上同じ機種を使う人は、割引が終了した際の請求に驚くことになる。そもそも私の場合、不要になったiPhone4sは実家の母親に室内専用iPhoneとして贈呈する予定だったので、下取りは全く考えてない。

ちなみに、よくオークションで不要になったiPhoneを出品している人がいますが、データが抜き取られる場合があるので要注意だそうです。たとえ工場出荷状態に戻しても、完全にデータを削除することはできないらしい。中国人などが個人情報が詰まったデータ目的にこぞって買いあさっている状態だと、何かの専門誌で見ました。

まとめ

すっかりiPhone5sの在庫がなくなった今。iPhone4sユーザーがすんなりと0円でiPhone5s(16GB)へ機種変更できる確率は皆無。感覚値だがiPhone5cも相当厳しいと思われる。ただで新しい機種に変更したいという一心で、今回奮闘中ですが、若干心が折れてiPhone4sのままでもいいのかなと言う思いもあります。

ここまでいろいろ調べてみて感じたこと。それは「タダほど高いものはない」。この言葉の本質を知ったような気がします。

おまけ

ソフトバンク公式のメールで送られてきた「クイズに答えて懸賞に応募」ですが、「公式からのお知らせだから、通話料は無料だろう」と思い、自動音声ガイダンスが出すクイズに全問回答した結果、通話料が1200円を超えました。自動音声とこんなにも話してこんなにも金を使ってしまうとは不覚。そして通話料を搾取しようというソフトバンクのセコさが感じられた。そもそも、通話料がかかるか確認しなかった自分が悪いのですが…

追記2014年10月某日

その後ダメもとで、会社の昼休憩を利用してビックカメラのソフトバンクショップに訪れた時の事。プランそのまま0円で5sに機種変更は可能とのこと。その日の仕事終わりに再びビックカメラのソフトバクショップへ。

あれほど在庫が無かったiPhone5sの16GBスペースグレイがビックカメラにはあった。すんなりと持ってきた5sを前に、他のソフトバンクショップ同様、当然のようにスマ放題プランのプラン切り替えで話を進める店員。

「ちょいちょいちょい!俺はホワイトプランから変更するつもりは微塵もないぞよ」と言わんばかりの抵抗により、上司に確認すると言って店員が奥へ引っ込む。上司とは表向きでどうせ自己判断のくせにと思いながら待っていると、「こうしましょう」と持ちかける。

「一旦初月をスマ放題にして、次月からホワイトプランに切り替えることが可能しときました!」
「ん?ちょっと待って。確かホワイトプランって11月末で受付終了だよね?間に合うの?(この時10月末)」
「すぐに変更手続きを行えば大丈夫です!」

ちょっと不安になりつつも、初月の月額8000円は妥協してその後の料金について説明を受けるが、やっぱり今の4sとホワイトプランの組み合わせより月額が高い。

「ん~高いな~厳しいな~」的な事グダグダ言ってたら衝撃の一言が!

「分りました!オプションを外します!」

「は?オプション?ちょいちょい、オプションってなによ?何勝手にオプション付けてんのよ」的に問い詰めると、

「5sのお客さまにはフォトビジョンを付けているんです!」

おいーwwwスマ放題よりたちわりぃなビックカメラwwwそんなもん誰がいるねんwww

限界まで月額を下げてもらったのですが、結局今より1000円も上がるので断念しました!(一番たちが悪いのは自分っていう…)

この記事にいいね!

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
gotop