自動車保険はネットで安くなる!? 通販型自動車保険に変えるだけで年間20,000円も違う!! 今すぐ5分でサクッと無料で見積もってみる

スノーボード初心者は必見!ケガから身を守るプロテクターを装備しよう!

    

タグ:   

sunow_saport

スノーボードをする人であれば誰しもが心配なケガ。実際に転倒や接触による死亡事故も起きているほど、気軽に始められる半面、スノーボードはとても危険なスポーツでもあります。

そんな事故を未然に防ぐためにも、出来る限りの備えはするに越したことはありません!そこで今回は、初心者必見のスノーボードプロテクターを特集します!

下半身プロテクターは必須

スノーボード用のプロテクターを購入するなら、まずは下半身のプロテクターから揃えましょう。言いかえればケツパッドです。というのも理由は単純。下半身プロテクターが有ると無いとでは、ケガの予防以前にいろいろ不便になってくるからです。

なかでも一番最大の理由は、雪面に座った時のお尻!つまりケツです!皆さん経験があると思いますが、下半身プロテクターをしないでゲレンデに座った時、ケツの穴が一気に閉まるほど冷たいですよね。

スノーボード初心者は必見!ケガから身を守るプロテクターを装備しよう! 下半身プロテクターは必須

ですが、下半身プロテクターを装備すれば、あの不快感を防げちゃうんです!お尻の分厚いケツパッドが雪面の冷たさをシャットアウトしてくれて、長時間雪の上に座っていても平気です。

特に身体が冷えやすい女性には絶対にオススメです!有ると無いとでは全然違いますから!ちなみに当ブログのもう一人の管理人の介護士は、下半身プロテクターをしないで雪面に長時間座っていて痔になりました(笑)

下半身プロテクターを買うならこれがオススメ

スノーボード用下半身プロテクターは多くのメーカーから発売されていますが、初めてプロテクターを購入するならやっぱり安定のVAXPOT(バックスポット)です。当ブログでも何度もVAXPOT(バックスポット)の商品をご紹介していますが、コストパフォーマンスが抜群に良いです!

また、ハーフパンツタイプ(半ズボン)とロングパンツタイプ(長ズボン)がありますが、断然ロングパンツタイプの方が良いでしょう。というのも、ロングパンツタイプであれば膝(ヒザ)の部分にもパッドが入っているので、別途ヒザのプロテクターを購入する必要がないんです!お得ですよね!

キッカー・パークに入るなら上半身プロテクターは必須

次に用意したいのは上半身のプロテクター(ボディプロテクター)。ですが、正直なところ、そこまでアクティブにスノーボードをしないということであれば、必要ありません。しかし、キッカーなどのジャンプ台やジブなどのパークに入りたい!という、スノーボード初心者は、絶対に上半身のプロテクターを装備してください。初めてのパークで何度も転倒し、1シーズンに肋骨を3回骨折した経験者の私が言うのですから間違いありません!

スノーボード初心者は必見!ケガから身を守るプロテクターを装備しよう! 肋骨を骨折

という前置きはいいので、真面目な本題です。上半身のプロテクターを装備する最も大きな理由が、背中の保護なんです。「背中ってプロテクター必要?」と思う方も多いでしょうが、最悪の事態を想定する際に、頭の次に守る必要があるのが背中です。

皆さんご存じの通り、背中には脊髄(せきずい)がありますよね。軽い衝撃程度であれば、背骨は骨折せず、脊髄への影響はありません。しかし、そこはスノーボード。時にキッカーで何十メートルという高さから落ちる事もあれば、パークのボックスの尖った角で身体を強打することも十分ありえます。

キッカーやパークに入らなくても、スノーボーダー・スキーヤー同士の接触事故も起こりえます。あらゆる危険と隣り合わせなのがスノーボード。防げるケガは防ぎましょう。

上半身プロテクターを買うならこれがオススメ

上半身プロテクターと言えば有名なのが鎧(YOROI)ですよね。NINJA的なあの感じがかっこよくて、ついつい買ったという方もいるのではないでしょうか?(ヤフオクでよく見ますが…)でも鎧(YOROI)って高いですよね!上半身だけでも3万円近くします!

そこでもやっぱりオススメしたいのがVAXPOT(バックスポット)。誤解しないでください!私は内部の人間じゃありませんし、スポンサーでもありません!(VAXPOT担当者様 当ブログのスポンサー契約のお話し、お待ちしております。 by運営者)

でも6000円前後でこの機能はスゴイ!アラサーでケガが心配な私も買いました。背中もしっかりパッドが入って保護されていて、気になるアバラ部分も問題なし。肩・肘・鎖骨にもサポーターが入っているのでこれで安心でしょう。

大事な頭を守るヘッドプロテクター

最近では、若い人でもヘルメットをしているスノーボーダーもずいぶん増えました。安全意識が高くなっている証拠だと思います。ですが、スノーボードでヘルメットというのには、まだまだ抵抗があるという人も多いのではないでしょうか?何を隠そう、私もそのうちの一人です。頭がデカイのでサイズが心配ということもあるのですが、出来るだけ装備は軽くしたいという理由もあります。

スノーボード初心者は必見!ケガから身を守るプロテクターを装備しよう! ヘルメットは重い?

そんな私のように頭デッカチンの人にオススメしたいのがヘッドプロテクターです。ヘッドプロテクターといわれてイメージが浮かばないスノーボーダーも多いと思います。例えるのであればボクシングのヘッドギアのようなものです。と言っても、あそこまでゴツくはありません。ビーニーの中に収まる程度です。

そうなんです。オシャレ面でもヘルメットはしたくないけど安全性は欲しい!という、わがままなスノボガールにとってもオススメな商品こそがヘッドプロテクターなんです!

ヘッドプロテクターの装着方法はいたって簡単。まずヘッドプロテクターを被ります。その上から、お気に入りのビーニーを被ります。最後にゴーグルでしっかり固定すればOK!これで大事な頭をしっかり保護できる上に、見た目もビーニーの下に被っているのでオシャレをキープできます。

ヘッドプロテクターを買うならこれがオススメ

残念ながら、VAXPOT(バックスポット)のヘッドプロテクターは今のところ発売されていません。ですが、eb’s(エビス)という、これまた老舗スノーボードメーカーからヘッドプロテクターが発売されています。デザインも結構カッコよく、個人的には下手したらビーニーいらないかもというほどです。

同じくeb’s(エビス)から、後頭部だけを保護した水泳帽のようなヘッドプロテクターも発売されています。保護性能は劣るものの、頭を出来る限り小さく見せたいという、美意識の高い女子にはこちらもオススメです!

手首を痛めやすい人は手首のプロテクターを

スノーボードに行くと手首をよく傷めるという方にオススメなのが、手首のプロテクター(リストガード)。特に初心者のうちは、転ぶたびに手首から倒れて傷めるというパターンが多いと思います。そういった場合でもしっかり手首を保護してくれます。

また、ランニング中に調子に乗って全力ダッシュをし、足がもつれてダイナミックにヘッドスライディング、その後、手首を痛めて未だ完治していないという私のような残念な人にもオススメです。(冗談にならないくらい痛かった)

手首のプロテクター(リストガード)を買うならこれがオススメ

こちらもVAXPOT(バックスポット)からは未発売です。残念。ですが、様々なメーカーから良さそうな手首プロテクターが多く発売されています。

中でも一番しっかり手首を保護してくれそうだなと感じたのが、H2factのリストガードです。値段も安く手首の深い所までしっかりサポートしている作りです。Amazonのレビューにもあるように、2枚のプレートで挟むようにホールドされており安心感もあります。

その他にも、あの憧れの鎧(YOROI)のリストガードも3000円で購入できますね。手首を巻くようにして装着する簡易的なリストガードもありますが、せっかく装着するならしっかり保護される方が良いと思います。


起きてから後悔しない為の予防なんです

「初心者だから危険な事には挑まないし大丈夫」というわけにもいきません。例えば、斜面に座って休憩しているとします。初心者ボーダーにはよくある光景ですよね。そこに、制御できなくなった子供のスキーヤーが突っ込んできました。先の尖ったスキー板は、運悪くあなたの背中を直撃。病院に緊急搬送されて、出された診断結果は脊髄損傷。

脊髄を含む中枢神経系は末梢神経と異なり、一度損傷すると修復・再生されることはありません。これによって、運動神経が機能せず、身体が動かないだけでなく、言葉も発せない。楽しいスノーボードから一転、寝たきりの人生になってしまった。どうですか?想像しただけで一気に気分がブルーになりませんか?

しかし、私も他人事でこういった話をしているわけではありません。幼少期によく遊んでいた親戚のお兄さんは、スキー中にで首から転倒し緊急搬送。原因は脳への衝撃による物で脊髄とは関係ありませんでしたが、半身不随となりそれ以降、車いす生活を余儀なくなりました。

スノーボードなどのレジャースポーツによるケガがなにより一番悔やまれます。皆さんが楽しい思い出のまま今シーズンを終えれることを心から祈って本記事の締めとさせて頂きます。ご購読ありがとうございました。

ラクマ

この記事にいいね!

こんな記事も読まれています

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
gotop