春は花粉が舞う季節 ツラ~イ花粉症は体質改善で治せるって知ってます?

ノリ過ぎてヤバいダンスミュージック!全世界が熱狂したLMFAO(エルエムエフエーオー)の魅力とは?

    

タグ: 

lmfao_main

LMFAO(エルエムエフエーオー)」はアフロがトレードマークの叔父「レッドフー」とワイルドな風貌の甥っ子「スカイブルー」の親戚2人組エレクトロホップデュオ。

ユニット名「LMFAO(エルエムエフエーオー)」の由来は「Laughing My Fucking Ass Off」つまり「大爆笑」って意味。かなりノリのいい曲調とバラエティにとんだ歌詞で、聞いているだけで体が動き出すような名曲ばかり。

2008年に「I’m In Miami Bitch」でデビュー。2人共アーティストとしてはかなりの遅咲きですが、ゆるいラップと楽天的な歌詞で一躍注目のアーティストに。


LMFAO – I’m in Miami Bitch!

Party Rock Anthem

そして2011年にリリースした「Party Rock Anthem」爆発的ヒットソングに。世界中に「LMFAO(エルエムエフエーオー)」の名が広まった。ついついステップを踏んでしまうノリのいい曲調。PVでは原色バリバリでピカピカのド派手な衣装。そしてユルいラップとは対照的なキレのあるダンス。

全世界のダンスミュージックの代名詞となった。


LMFAO – Party Rock Anthem ft. Lauren Bennett, GoonRock

映画「28日後…」のパロディーを模したPVには、MONSTER CABLE(モンスターケーブル)のイヤホンも登場しており、相乗効果でこちらも一躍大ヒット商品になった。駅や街中でよく見る「b」のマークだ。

曲だけにとどまらず「Party Rock Ansym」はPVもかなり話題になった。その一番の理由がダンスだ。LMFAOはメインダンサーのほとんどにアジア人を起用しており、その中に日本人ダンサー「Hok」ことHokuto Konishiがいる。そして何を隠そう、この「Party Rock Ansym」のPV振り付けはHokが担当しているのだ。同じ日本人としてとても誇らしい。イカすぜHok。

そして、レッドフーとスカイブルーに引け劣らないほど人気なのが、箱男こと「Shuffle Bot (シャッフルボット)」。最初はAmazonのダンボー君かと思いましたが別人です。

shuffle_bot

ちなみに箱男(Shuffle Bot)が踊っている、足を高速でクロスさせるダンスは、「Spongebob Dance(スポンジボブダンス)」と言って、その名の通りアメリカアニメ「スポンジボブ」をイメージさせる踊りだそうです。

spongebob_dance

関連記事
LMFAOの箱男が踊っているダンス「Spongebob(スポンジボブ)」をマスターしよう

Sorry For Party Rocking

私が一番好きなのが、2011年にリリースした「Sorry For Party Rocking」。嫌なことやムカムカした時に大音量で聞くと、「まぁいっか!とりあえず楽しもう!」って気持ちなれてスッキリするオススメな曲。もちろんPVも面白い。


LMFAO – Sorry For Party Rocking

また、「Party Rock Anthem」の冒頭にも登場した軽快なステップの亀男が、「Sorry For Party Rocking」でも登場。恒例の甲羅のリュックMONSTER CABLE(モンスターケーブル)のヘッドホンを身に付けています。

PVは「Party Rock Anthem」へ繋がるような終わり方になっており、どうやら亀男はキーマンのようです。全くブレないこの安定感がたまりません。

lmfao


今回ご紹介した名曲すべてが入ったアルバム「Sorry For Party Rocking (Japan Version)」なら、Lil Jon(リル・ジョン)とのコラボ「Shots」やNatalia Kills(ナタリア・キルズ)とのコラボ「Champagne Showers」も収録されているのでかなりオススメ!

まとめ

現在のLMFAOに関しては、事実上「活動中止」の状態だそうです。レッドフーとスカイブルーの2人が同じステージに立つことはもうないとも言われている。それでも解散ではなく休止だそうです。残念ですが、今後の彼らの活躍にも期待です。

この記事にいいね!

こんな記事も読まれています

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
gotop