自動車保険はネットで安くなる!? 通販型自動車保険に変えるだけで年間20,000円も違う!! 今すぐ5分でサクッと無料で見積もってみる

葬儀の際には故人の健康保険から補助金が出ます

    

タグ:    

葬儀の際には故人の健康保険から補助金が出ます

死後にもらえるお金といえば生命保険が思いつく人が多いかと思いますが、誰しもが加入している健康保険からも葬儀手当といった補助金がもらえるということをご存知でしょうか?

今回は、意外と知られていない健康保険から出る葬儀の補助金についてご説明します。

国民健康保険からでる葬儀の補助金

国民健康保険、後期高齢者医療保険の被保険者であれば、役所の保険年金課で申請することで補助金が支給されます。

申請には「故人の健康保険証」「葬儀の領収書」「印鑑」「振込先口座番号」が必要なります。

支給される金額は、お住まいの地域によって異なりますが、「葬儀費」という名目で2~10万円程度が支給され指定した口座に振り込まれます。

被保険者資格喪失の提出と合わせて、補助金の申請を行うようにしましょう。

社会保険からでる葬儀の補助金

会社勤めであれば、健康保険組合といった社会保険に加入しているはずです。

もちろん、会社員が加入している社会保険からでも「埋葬料」「家族埋葬料」といった名目で、最大98万円の補助金が支給されます

また、扶養家族が亡くなった場合でも一律10万円が支給され場合があります。

社会保険から出る葬儀の補助金申請は、勤め先の経理や総務に相談するといいでしょう。会社の方で社会保険事務所に申請してくれるはずです。

申請には「健康保険証」と「印鑑」が必要で、あとは会社のほうから、記入しなければいけない書類の案内があると思います。

申請しないともらえない補助金

これらの葬儀費用の補助金は、遺族が申請しない限り支給されません

税金は強制徴収なのに、補助金は申請したら支給。納税通知は否が応にも届くのに、こういった補助金の通知は一切ありません。おかしな話ですよね。

ですが、これが我が国、日本の仕組みです。

ちなみに申請期限は、国民健康保険と社会保険ともに死後から2年以内となっています。

葬儀を終えた場合でも、まだ間に合うという方は必ず申請しておきましょう。

葬儀に関連するページ

この記事にいいね!

こんな記事も読まれています

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

RABBIT PUNCHWeb屋と介護士のウサギ年生まれ2人が頑張って運営中。記事の更新はTwitterでお知らせします!
no image
gotop