春は花粉が舞う季節 ツラ~イ花粉症は体質改善で治せるって知ってます?

あなたの歯はもう手遅れ?虫歯の進行状態と治療方法

    

タグ:

あなたの歯はもう手遅れ?虫歯の進行状態と治療方法

虫歯とは、ミュータンス(虫歯菌)が生み出す酸によって歯が溶かされ、歯に穴が開いた状態のことを「虫歯」と呼んでいます。虫歯は別名「う蝕(うしょく)」とも言います。歯質の脱灰によって歯はだんだんもろくなっていきます。

虫歯は歯周病と同じように感染症として位置付けられており、初期の段階では自覚症状がないため自分では気付かないことが多いのが特徴です。

「虫歯の原因は甘いもの」と認識している方が多かとは思いますが、具体的にはが主な原因です。糖はパンやご飯にも多く含まれております。

虫歯の進行状態について

虫歯の進行状態はC1~C4といった区分に分けられそれに応じた治療が必要になります。歯科検診で見てもらう時、歯科医が「C1、C2」と言っている時がありますが、これは虫歯があるということです。

健康な歯(CO=シーオー)

虫歯の進行状態について 健康な歯(CO=シーオー)

歯の表面を覆っている硬いエナメル質が欠損していない状態です。黒くなっているところもなく、至って健康な歯と言えます。表面を見て、黒い穴や汚れがなければ心配することはありません。

初期虫歯(C1=シーワン)

虫歯の進行状態について 初期虫歯(C1=シーワン)

エナメル質が脱灰(酸で溶かされること)し、小さな欠損があります。この段階では、ほとんどの人は虫歯ができたことに気付きません。初期段階とは言いますが、適切な処置をしないと急速に進行していきます。場合によっては歯科医に行かずに治る(進行を止める)ことも可能です。

中期虫歯(C2=シーツー)

虫歯の進行状態について 中期虫歯(C2=シーツー)

虫歯がC2に達しますと、エナメル質直下の象牙質にも虫歯が浸食している状態です。この頃になると冷たいものや甘いものがしみるようになったり、少しずつ自発痛(何もしなくても発生する痛み)がでます。多くの場合、虫歯と気がつくのはこの段階になってからです。ここまで来ると自力ではどうにもなりません。歯科医に治療をしてもらいましょう。

後期虫歯(C3=シースリー)

虫歯の進行状態について 後期虫歯(C3=シースリー)

C2の虫歯が治療せずに放置され、象牙質によって保護されていた歯の神経でもある歯髄にまで達した状態です。虫歯が歯髄にまで進行すると、温かいものがしみるようになったり、激しい自発痛や咬合痛がみられます。「神経を抜く」とよく聞きますが、この時期が運命の境目でしょう。あきらめずに治療を受けましょう。

末期虫歯(C4=シーフォー)

虫歯の進行状態について 末期虫歯(C4=シーフォー)

エナメル質どころか、象牙質、歯髄までもがなくなっている状態がほとんどです。単刀直入に手遅れと言えます。こうなると歯の治療というよりは、歯の造形になってきます。インプラント、入歯を考えなくてはなりません。

まとめ

生まれ持った体質ならぬ歯質によって虫歯になりやすいなどはありますが、幼少期からちゃんとした栄養バランスを心がけ、正しいデンタルケア(歯の手入れ)を行っていれば、いくらでも改善は可能です。

また、虫歯になったからと言って全て歯科医に任せるのではなく、自分自身の歯の状態を知って正しい知識を付け、虫歯の進行を食い止めることが大切です。

この記事にいいね!

こんな記事も読まれています

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
gotop