自動車保険はネットで安くなる!? 通販型自動車保険に変えるだけで年間20,000円も違う!! 今すぐ5分でサクッと無料で見積もってみる

花粉症は体質改善で克服できる時代!話題の花粉対策サプリメントは救世主か?

    

タグ: 

花粉症は体質改善で克服できる時代!話題の花粉対策サプリメントは救世主か?

そろそろ花粉がひどくなる時期ですが、花粉症でお悩みの皆さんは対策のほう万全ですか?私はすでに動き始めていますよ!

そんな、花粉症で長年悩まされてきた私ですが、なんと花粉症は体質改善で治せると聞いたので、今回徹底的にリサーチしました。そこで判明した、花粉症対策に効果的な成分と体質改善方法をご紹介したいと思います。

辛い花粉症の原因はヒスタミンの過剰な防御反応

そもそも花粉の原因はヒスタミンという化学物質なんです。化学物質といっても、このヒスタミンは体内で生成される生体アミンと呼ばれる物質なんです。本来ヒスタミンは、身体の異常を察知して防御反応を誘起させる役割なんですが、花粉に関しては過剰なまでもの防御反応を引き起こします。その過剰反応こそが、あの辛い目のかゆみや鼻水、クシャミといった症状なんです!

ヒスタミンの活動を抑える抗ヒスタミン薬

ヒスタミンの活動を抑える抗ヒスタミン薬

逆に言えば、ヒスタミンの活動を抑えることができれば、花粉症独特の辛い症状を抑えることができると、多くの医師や専門家が提言しております。そのため病院で治療を受ける際は「抗ヒスタミン薬」というヒスタミンの働きをブロックし、くしゃみや鼻水、鼻づまりといった症状を一時的に抑える薬を出される場合がほとんどです。

しかしこの抗ヒスタミン薬ですが、眠気や口の渇き、その他に便秘やおしっこが出にくくなるなどの副作用があると言われています。そこで、このような副作用を改善しようと新たに開発された「第2世代抗ヒスタミン薬」という薬もあります。ですが、この第2世代抗ヒスタミン薬に関しても、全く副作用がないという事でもなく、花粉症に効く万能薬とはいきませんでした。

体質を改善することで花粉症を治す

体質を改善することで花粉症を治す

そこで新たに花粉症対策として注目を浴びているのが、体質改善によるヒスタミンの抑制です。ヒスタミンの抑制に効果的な成分を日常的に摂取することで、花粉が舞うシーズンになっても花粉症の症状が出なくなるという方法です。

あたかも信じがたい内容ですが、一時的な抑制にすぎない抗ヒスタミン薬による治療に比べると、長期的に花粉症を改善できるという点ではかなり魅力的。

気になるヒスタミンの抑制に効果的な成分は次の8つです。

ケルセチン

花粉症の直接的原因であるヒスタミンをブロックします。ポリフェノールの一種でタマネギに多く含まれる抗酸化作用で、花粉に対する感度下げるだけでなく、血管をしなやかにして活性酸素によるダメージを防ぎます。食事でケルセチンを摂取する事は難しい為、サプリメントで補う事が一番効率的です。

ケルセチンを摂取できる食材

タマネギ・リンゴ・ブロッコリー

ネトル抽出物

アレルギー対策として有名なハーブで、ヒスタミンを生成しにくくする作用があります。無害なアレルゲン(アレルギー物質)に対して免疫系が過剰反応しないようする為に体質を改善を助ける成分で、花粉症だけでなくアトピー性皮膚炎や掌せき膿胞症の方にも効果があります。

また、抗アレルギー、抗炎症作用により、ニキビや湿疹などの炎症も抑えてくれたり、新陳代謝を活性化させるため、目の周りのくすみ部分を改善や、抜毛予防としてヘアケアにも活用されます。

ネトル抽出物を摂取できる食材

ネトル(ハーブ類)

ベータカロテン

ベータカロテンは強力な抗酸化力を持っています。また、体内では必要量に応じて、粘膜、皮膚、免疫機能を正常に保つビタミンAに変換されます。粘膜を強化して活性酸素から守ることに大変効果的な成分です。美肌効果もあります。

ベータカロテンを摂取できる食材

にんじん・モロヘイヤ・かぼちゃ

パイナップル抽出物

パイナップル抽出物の中にはタンパク質を消化する酵素(ブロメライン)が多く含まれています。この酵素(ブロメライン)は、花粉の症状を悪化させるフィブリンを分解して、花粉症の炎症や痒みを抑える効果があります。

ブロメラインは、とても強力な消化酵素の一種で、主にたんぱく質を分解する働きをします。抗炎症作用として、ドイツでは鼻炎などの治療薬として強く認められています。

パイナップル抽出物を摂取できる食材

パイナップル

活性乳酸菌

腸内免疫を活性化して、弱い粘膜を強化します。また、乳酸菌にはアレルギー反応の原因でもある免疫バランスを改善して、花粉症の症状が起きにくくする効果もあります。今、乳酸菌は花粉症の新療法として大きな期待が寄せられています。

活性乳酸菌を摂取できる食材

ヨーグルト・乳酸菌飲料

ビオチン

ヒスタミンを体外に排出する働き。体内ホルモンのバランスを回復し、アトピー・ぜんそく・花粉症などの体質改善に重要な働きをします。同時に炎症を抑制して、粘膜強化・花粉アレルギーを抑える効果もあります。

ビオチンを摂取できる食材

鶏肝臓・あおのり・卵黄

ビタミンC

花粉による過剰な免疫反応を抑えるステロイドホルモンの生成に必要な成分です。ステロイドホルモンとは、花粉の症状を抑えることで知られているステロイド剤の原料です。炎症を抑えたりやアレルギー反応を和らげる効果があります。

ビタミンCを摂取できる食材

アセロラ・レモン・いちご

ビタミンB群

免疫を正常化にして、皮膚や粘膜を保護する効果がある成分です。アレルギー性疾患には不可欠なビタミンで、代謝をよくして細胞を活発化・粘膜強化のする働きがあります。

ビタミンB群を摂取できる食材

胚芽米・玄米・豚肉など

結局のところ食事による体質改善は不可能

お気づきの方も多いかと思いますが、体質改善に効果的とされている必要最低限の成分を、食事から摂取することは不可能なんです。仮に実行したとしても、野菜とか最近高いし、調理の手間とか考えたら絶対に続けられないんですよね。

というわけで、サプリメントで必要な成分を摂取する方法が現実的なんですよね。では、上から順番にサプリメントのご紹介でも行きましょうか。

ケルセチン

ネトル抽出物

ベータカロテン

パイナップル抽出物(ブロメライン)

活性乳酸菌

ビオチン

ビタミンC

ビタミンB群

その他の花粉対策サプリメント&お茶

Amazonで購入できる花粉症改善に効果的な成分のサプリメントの他に、花粉症対策専門のサプリメントやお茶もあります。8種類のサプリを毎日飲み続けるという事はかなり現実的ではないので、まずはこちらのサプリメントやお茶を試してみるといいかもしれません。

ケルシプレックス

ケセルチン、パイナップル抽出物が含まれた花粉対策専用のサプリメント
ケルシプレックス 販売サイト

えぞ式すーすー茶

ヒスタミンを抑制する効果のある「バラ科の甜茶(てんちゃ)」に免疫バランスを整える効果のある「クマザサ」と、天然のステロイドと呼ばれる「赤紫蘇」を加えたお茶です。
えぞ式 すーすー茶 販売サイト

この記事にいいね!

こんな記事も読まれています

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
gotop